大型トラックに追突された事故、ソニカが全損で、損保ジャパン日本興亜の対応が話題に

先週、高速で大型トラックに追突された事故の件で、先ほど相手方の損保ジャパン日本興亜から電話があった。過失責任ゼロの事故で、走行距離1万2千キロのソニカが全損。「お支払い賠償額は11万9千円になります」だって。「どうしても修理したいのなら止めませんが、50万円ほど自己負担になります。とも pic.twitter.com/r4iuhdPRBr
「怪我の治療もこちらでやってますが、いつまでもという訳にはいきませんので。」「代車は2~3週間しか用意できませんのでね。」損保ジャパン日本興亜すごいな。10:0の事故でここまで強気なのか。こじれさせると、被保険者に迷惑かけるのにな。
治療の打ちきりを示唆されると、せっかく物損扱いで処理していたけど、人身扱いに切り替えざるを得ない。誰も事故を起こしたくて起こすわけではないと思って、相手方のために多少は我慢しようと思っていたけど、損保ジャパン日本興亜の対応はダメだ。
詳しく書いておくと、修理費の提示が113万円。車両全損の賠償額が11万9千円で、特約を使って修理費+50万入れて61万9千円。直したいなら差額は自腹で、廃車にするなら11万9千円払います、廃車はこちらでやってあげます、とのこと。それでは到底納得できないと伝えて電話を切った。
電話を切った数十分後、25万2千円の提示。おいおい、さっきの11万は何やったんや?ちなみに、走行距離を3万キロまで広げて市場価格の平均を算出すると43万6千円。損保ジャパン日本興亜は25万が精一杯の誠意だと言い張る。事故から6日目の今日、車両補償に関する初めてのやり取りでこんな感じでした。
ちなみに、最初のやり取りで「修理代金との差額は加害者さんに直接払ってもらえばええんですかね?」と言ったところ「法的に払う義務はありませんから。」とのこと。まあそうなんだろうけど、言い方…
火の無いところに煙を立てる損保ジャパン日本興亜。こんな保険に入ってて加害者側になったら最悪だ
その後、ソニカが入庫してる修理工場に電話。「えっ、113万?うちは当初から90万で保険会社さんと話してますけど。あと、このソニカ、40万の価値はあると思うんで、特約使ったら修理できると保険会社と話して…」
その話と調査した市場価格が43万円だったことを踏まえて、16:30に損保ジャパン日本興亜に電話したところ、「担当者は帰りました。」
明日、話がうまくいけば修理の方向で話がまとまる…かもしれません…がしかし…
わざわざ面倒なことしたくないし、トラックの運転手だって事故を起こしたくて追突した訳じゃない。時間を含めて多くのもの失ったけど、壊れた車を元に直して、怪我したのを面倒みてくれたらそれだけでいい。なのに、損保ジャパン日本興亜がそうさせてくれない。高額な自己負担まで強いられたら無理だ。
多くの返信をいただき、ありがとうございます。全てに返信できませんが、全て読ませていただき、参考にさせてもらいます。残念ながら、弁護士特約は入っていませんでした。当方の過失が0ですので、こちらの保険会社は介入できません。しかし、いつでも相談をと言われてます。弁護士も紹介するとのこと
事故当時の詳細はFacebookに書いてありますので、興味のある方はどうぞ。しかし、高速道路上の追い越し車線に停車している軽自動車に20トントラックが突っ込んできて、車は全損したけど、むちうちと打撲程度で済んだのは運が良かったのかも。
 https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=998287593697626&id=100005491837955 

※クリックで拡大します。
今朝から電話でやり取りを再開し、先ほど無事に円満解決しました。昨日とはうって変わって言い分をしっかり聞いてもらい、修理可能なラインの40万円で、これ以上は求めず妥結しました。今回の事故で、過失0の事故ほど大変ということと、弁護士特約は絶対につけておくべきということを学びました。
車両価値40万円に特約の修理費50万円を加えて計90万円でソニカを修理することに…ちょっとやり過ぎ感はありますが、廃車にすると40万円しか出ないので同等車が買えないのです。
多くのアドバイスや励ましをいただき、本当にありがとうございました。おかげさまで、修理してもらえることになりました。
過失のない突然の事故で車を失っても、壊れた車を修理してもらえず、同等どころかグレード下の中古車も買えない金額しか賠償されない。これが損保ジャパンに限らず日本の自動車保険のスタンダードなんですね。そんなもんだと言う人もいるけど、普通に考えておかしな話です。今回は運よく修理できますが
今回の件で、実は損保ジャパン日本興和の関係者の方からもアドバイスをもらいました。そうした方もいますので、みんながみんな、会社全体が悪いという話ではないと思います。ただ、返信や引用を拝見してると、良い話が非常に少ないのも事実…
今回はたまたま炎上したので早期解決できましたが、そうでなければ泣き寝入りか長期戦・消耗戦になっていたと思います。10:0の事故はこちらの保険会社が介入できないのでプロ対素人となり、非常に厄介です。長期間にわたって時間をとられ不快な思いをし続けます。弁護士特約は必ず付けておきましょう…
これまで考えたことなかったけど、自動車保険を選ぶ際、相手方への対応力も考えておかないと、自分が加害者側になった時とても厄介なことになる。多少保険料が高くても、払いのよい会社のほうがトラブルが少ない。保険会社の対応が原因で、物損から人身に切り替えられることも。
ふ~
修理見積りぴったりの金額で落ち着いたのでこれで車を直し、あとは通院して首が治ればもういいや。時間をはじめ、色々なものを失ったし嫌な思い大変は思いもしたけど、もう忘れよう。そう思っていたのにな…
夜、取引先の人と飲んでると、追突したトラックの運転手から電話があった。
トラックの運転手が「いくらになったんですか?新車が買えるぐらいもらったんですか?」と言うので、いきさつと車は修理するので修理費を出してもらうと説明。次は通院について「接骨院で引っ張るんですか?」と言ってくるので、整形外科で必要な治療を受けてると説明。それだけの内容の電話だった。
もうなんなの。早く面倒から解放されたいのに。事故を起こしたことを反省してるとは思えない。明日電話して、発言の真意を聞いてみよう。これまで物損で処理してきたのがアホらしく思えてきた。
あっ、そうか。運送会社が保険を使わせずに運転手に自腹で払わせようとしてる可能性があるのか。普通に考えれば保険の等級ダウンは賠償額に関係ないので、なぜ額を気にするのか不思議だったけど、運転手の自腹だったら合点がいく。もしもそうだとすると、いよいよ闇が深い。どうすりゃいいんだこれ…
運転手と再度電話で話し、理解できたので気持ちとしてはクリアになった。ただし、運送会社の社長が「向こうがゴネてきてるんや」と言ってるという情報や、「新幹線で大阪に通う費用も言ってきてる」とありもしない話まで言ってるようで、非常に気分は悪い。運転手も相当な金額を負担させられるというし
追突されたことで、日本の自動車保険の矛盾や問題点、そしてトラック業界の闇まで垣間見ることになるとは…
追突したトラックの運転手の話しぶりでは、会社で入ってる保険の免責はおそらく50万ぐらい。それが運転手の自己負担となり、事故によって保険料が上がる差額分も給料から天引きになるという。
労基署に相談することを勧めておいた。追突の被害者がなんでそんなこと言わなあかんねやと思いながらも…
損保ジャパン、大丈夫かな…色々な意味で…
今後、この保険は売れるのかな?
損保が「炎上」対策サービス ネットの「火消し」はできるのか  https://www.j-cast.com/2016/11/17283625.html  @jcast_newsから
初日の電話対応の時点で、交通系を中心としたライターとしても活動してる、こうした事例は皆さん興味のある話題だと思いますよ、と担当者に伝えてありましたので、仕方ないですよね。  https://twitter.com/takeshi481/status/1076012399281360899 
しかし、自動車保険のルールだか何だか知らないけど、市場価格よりはるかに安い時価で賠償とか、常識的に考えてあり得ない。過失のない事故で車を失ったのに自己負担しないと同等の中古車を買えないのは、損害賠償と言わない。民法ではアウト。それが適法というルールがおかしい。自動車業界の闇。

今回の事故は被害が少なく良かったものの、保険会社の対応がわかるものでした。改めて事故を起こすといろいろと大変なことになることを実感しました。

※Twitterより

おすすめ記事